林孝彦 はやしたかひこ

Share

お問い合わせ

林孝彦事務所

〒399-8201 長野県安曇野市豊科南穂高533-7 ☎080-5705-4897

Google マップ

後援会のご案内

林孝彦後援会(チーム林)では、応援してくださる皆様の入会を心よりお待ち申し上げます。
入会金、年会費などは一切ございません。
またご登録いただきました情報は後援会事務局にて厳重に管理し、後援会の連絡事項以外には使用いたしません。
皆様のご入会お待ち申し上げます。

入会費・年会費 無料

ご入会お申し込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご入力下さい。送信いただきますとご入会は完了です。お送り頂いた個人情報は、後援会活動以外の目的では一切使用いたしません。

ご本人の情報(※全ての項目をご入力ください)

お名前 フリガナ 性別

郵便番号 -

ご住所

電話番号

メールアドレス

ご家族(成人の方)で入会していただける方のお名前をご入力ください。

お名前 フリガナ 性別

お名前 フリガナ 性別

お名前 フリガナ 性別

お名前 フリガナ 性別

ご一緒に支援して頂ける方(安曇野市在住の方)をご紹介下さい

お名前 フリガナ 性別

郵便番号 -

ご住所

電話番号

メールアドレス


お名前 フリガナ 性別

郵便番号 -

ご住所

電話番号

メールアドレス

後援会会長より

林 孝彦さんを推薦します

後援会会長 山本 厚男

 林さんは 子育てや老人福祉、医療、環境等に特に関心をおもちです。ご自身のお父さんが受けた安曇野市での医療福祉と奥さんのお母さんが受けたアメリカでの医療福祉との差は大きいといいます。

 私は平成7年、先進医療の病院内に小さな小さな学校"院内学級"を準備する仕事をいただきました。さっそく 「勉強しに来てもいいですか」と、点滴台や車椅子に乗った子どもたちがやってきました。そして教科書やドリル帳、ノートなどを開いて自分から勉強を始めたのです。留年という不安をぬぐい、退院したら、保育園から一緒だったお友だちと一緒に勉強したいとの思いで、今という時を未来につなごうとしていたのです。院内学級が出来たことで、子どもたちのけんかが減り、リズム感のある生活をして、進んで命と向き合い、治療が受けられるようになっていったのです。

 病気の子も、認知症の老人も、人として今を生きられる社会づくりを願うものです。

山本 厚男
安曇野市穂高北穂高在住。初代長野県立こども病院院内学級教諭で、院内学級の設立に尽力した。院内学級で学び病と闘う子どもたちの様子が描かれた詩画集「電池が切れるまで」は、発行部数40万部を突破する。テレビ朝日「徹子の部屋」にも出演し、院内学級の存在を広く世に訴えかけ、後にテレビドラマのモデルにもなった。